私が福袋を重宝する理由

MENU

私が福袋を重宝する理由

よく福袋のあたりはずれということが議論になりますが、私の場合にはほとんどの福袋が重宝します。

 

福袋は通常はどのような商品が入っているのかわからなくなっています。逆に言えば、色目やデザインなどを自分で選ぶことができないということが言えます。実はそのことが重宝する理由でもあります。

 

色目やデザインを選ぶことができなく購入するということは今まで自分のあまり好みでない色目やあまり着用したことのないデザインのものが入っている可能性があります。

 

そしてそのような商品が入っていても、使わなければもったいないという意識があるので、使ったり着てみたりすると今まで気が付かなかったような発見をすることがあるからです。

 

嫌いだった色目が案外似合っていたり、面白いデザインだったりすることがあるのです。

 

意外な楽しさがある福袋

福袋は自分用の洋服をゲットするだけでなく、他にも意外な楽しさがあります。

 

最近テレビでお正月の恒例行事としても紹介されることもあるのですが、福袋を買って、中身を店先で交換するのです。

 

物々交換のような感じで、初対面の人と洋服を交換するのですが、交渉したりお礼を言い合ったりしてとても楽しそうです。私も毎年福袋を買うのですが、妹や義理姉と好きなブランドや洋服のスタイルが似ているので、みんなで買って中身を見せあい、誰がどの洋服をとるかじゃんけんで決めたりしています。

 

毎年毎年わいわい言い合いながらみんなで「この服は◯◯が持ってるあの服に合うよ」とか言いながら福袋の中身を吟味するのがとても楽しいです。一人だけで楽しむのではなく、大人数で福袋を楽しむのもおすすめです。