見続ける朝ドラと見ない朝ドラ

MENU

見続ける朝ドラと見ない朝ドラ

今回の朝ドラ「朝が来た」はなかなか面白いです。

 

朝ドラで初めての江戸時代から物語が始まっています。

 

今回見始めた理由はまず玉木宏さんが出ているからです。

 

朝ドラは時代背景が現代だとヒットしないと言われています。
「あまちゃん」は例外なのです。

 

前回の「まれ」は苦戦したようです。

 

自分が朝ドラを見ようかなと思う理由のひとつとしては、まずキャストがあります。
前回の「まれ」ですが、キャスト的には嫌いではなかったのです。

 

北海道の大スター、大泉洋も出ましたし、まれちゃん役の土屋太鳳ちゃんも「花子とアン」のももちゃんですから始まる前は見ようかなと思ったのです。

 

その前の「マッサン」ですが、前半まで見ましたが、。大好きな堤真一さんの出番が減ってくると必然的に見なくなりました。

 

「花子とアン」は途中から見始めました。鈴木亮平さんが好きだったので、亮平さんがたくさん出るところから見ようと思っていました。

 

今思えば、もう少し前から見ればよかったです。朝市役の窪田君をもっと見たかったです。

 

そして自分が最初にはまった「ごちそうさん」は大阪編から見始めました。
源ちゃんの和田君のファンになりました。

 

 

 

書き綴ってくると自分は、男優さんに夢中になると見続けるようです。

 

今回も脇役ではまりそうな男優さんが出てくるといいなと思っています。

 

いい男が出ていると見るというのが最大の理由なのかもしれません。